雇用をサポート | 時代とともに変わってしまうことについて把握しよう

時代とともに変わってしまうことについて把握しよう

タクシードライバー

雇用をサポート

それを扱うどんな人たちがいるか

ある程度の規模を持った企業の場合は障害者雇用を法律によって義務付けられており、とりわけチェーン店と本社の合算で労働者数を算出することが許される飲食店や小売店の場合はその性質からして障害者雇用を義務付けられやすい傾向にあります。そういう意味で障害者雇用を当てにするならば飲食業や小売業を狙うことも悪くはありません。 しかし飲食業や小売業の場合は多くのチェーン店が常に存亡の危機と隣り合わせているという経営上の都合もあってあくまで障害者雇用は機会の均等の効果をもたらすに過ぎないが実情です。障害者雇用は福祉ではないのであって折角採用されたとしても給与に見合った仕事を行わなければ労働者は自身の地位と給与を保つことがままなりません。障害を持っているからといって諦めに陥らずにできる範囲で努力すれば多くの場合は職も給与も保たれて生活に困らなくなります。

障害者雇用を助けるサービス

障害者雇用を助ける最大のサービスは政治です。政治が雇用対策を行わなければ障害者が就労に在り付く機会は全くと言って良いほど得られません。障害者雇用に関する現行法が日本で成立したのは1965年のことであり、これこそ障害者が仕事を得るためのサービスの始まりと言えます。これによって市民達の善意による就労の支援に依存した障害者雇用の対策から抜け出したと言えます。 しかしその中でも精神障害者に対する扱いは極めて厳しく、障害者雇用を義務づけられる企業であっても精神障害者を雇用する義務はありませんでした。こうした人々が雇用における不利から脱却するのは平成時代に入ってからのこととなります。そして政府の努力の甲斐あって2018年からは一定以上の規模となる企業が精神障害者を雇用することが義務化されるに至りました。